無病息災を祈願するお茶「大福茶」で新しい年を迎えよう!

12月に入るとどのお店もクリスマス一色になりますが、忘れてはいけないのはお正月の準備。まだまだコロナ禍が収まる様子が見えませんが、だからこそ新しい年は健康に過ごしたいものです。そこで今回は、京都に古くから伝わる新年の縁起物「大福茶」をご紹介します。今年は無病息災を祈願して飲まれるこのお茶で、新しい年を迎えましょう。

 

続きを読む



「葉」じゃなく「茎」?知る人ぞ知る「茎茶」をご紹介!

チャノキの葉ではなく茎をつかったお茶もあるのはご存じでしたか?茶葉という言葉があるように、お茶を入れる際に使用する部位は、「葉」のイメージが強いかもしれません。実際、抹茶や焙じ茶などは、製造方法の違いで分類されているだけで、原料はすべてチャノキという樹木から取れた「葉」が使われています。今回は、お茶の葉ではなく、あまり知られていない「茎」を使用した「茎茶」についてご紹介していきたいと思います。

続きを読む



乾燥しがちな今だからこそ、お茶を飲んで健康に過ごそう!

涼しくなってくると、汗もかかなくなるのでついつい水分補給を忘れがちになりますが、みなさん水分補給はできていますか?人間の身体はなんと1日に2.5リットルもの水分を失っていると言われています。今回は、今の季節だからこそ気をつけたい水分補給のポイントをご紹介します。水分補給にオススメのお茶も紹介しますので、ぜひお楽しみください。

続きを読む



カフェインとの上手な付き合い方を知って、充実の日々を!

コーヒーや緑茶に含まれているカフェイン。

ノンカフェインのコーヒーや緑茶なども多く出回っており、「カフェインの摂り過ぎは良くない」というイメージは広く浸透しているのではないでしょうか。

実際、過剰摂取には注意が必要なカフェインですが、ではどの程度が「摂り過ぎ」になるのか、皆さんはご存じですか?

そこで今回は、なぜカフェインの摂り過ぎには注意する必要があるのか、という根本的なところから、摂取量の目安までご紹介。ぜひ最後まで読んでいただけたらと思います。

続きを読む



意外と知られざる「そば茶」の効用、詳しくご紹介!

抹茶や焙じ茶や紅茶など、「お茶」にはさまざまな種類がありますが、実のところ、これらはすべてツバキ科ツバキ属の常緑樹「チャノキ」から取れた葉を使用しており、製造方法の違いによって分類されているそうです。

この「チャノキ」以外から製造されたお茶も存在し、ゴボウ茶、トウモロコシ茶、ハトムギ茶などさまざまな植物からお茶が製造されています。

そこで今回は、「チャノキ」から製造されたお茶とはまた違った風味が味わえるお茶にフォーカスをあて、その中でも栄養豊富な「そば茶」についてご紹介。

味はもちろんのこと、そば茶だからこそ摂取できる栄養についてもお伝えしていきますので、ぜひ最後まで読んでいただけたらと思います。

続きを読む



季節の変わり目こそ「ハチミツ緑茶」で健康に過ごそう!

まだまだ残暑が厳しい・・・・・・と思っていたら、だんだん秋の気配を感じるようになってきましたね。季節の変わり目は体温調節も難しく、体調を崩しやすいもの。服装の調節も難しいですよね。そんな時はやはり、食材の力を借りましょう。

今回はだんだん寒くなる季節にぴったりの、「ハチミツ緑茶」をご紹介。ハチミツの効能とオススメの飲み方をご紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでいただけたらと思います。

続きを読む



あなたはどれだけ知ってる?有名なお茶の品種

コシヒカリやヒノヒカリなど、お米にも品種があるように、お茶にも当然品種が存在します。

お茶の種類、と聞いて「紅茶」「緑茶」など思い浮かべる方も多いかも知れませんが、これはお米でいうところの「白米」「玄米」と同じようなもの。お茶の種類の違いは「製造方法」の違いであり、お茶の葉を発酵させるかどうかで変わります。そこで今回は、あまり知られていないお茶の品種について詳しくご紹介していきたいと思います。品種ごとの特徴をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む



なぜ静岡県がお茶の名産地になったの?その経緯を紐解きます!

日本一の茶所として有名な静岡県。農林水産省によれば、令和3年の荒茶生産量のトップは静岡県。生産量は全国の42%を占め、ついで鹿児島、三重と続きます。もはや静岡県といえばお茶、というくらいお茶のイメージが定着している静岡県ですが、なぜ名産地となるまでに至ったのでしょうか。そこで今回は、静岡県がお茶の名産地になるまでの経緯をご紹介していきます。

参考:農林水産省 令和3年産茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)

続きを読む



真夏の水分補給のススメ

年々暑さが強まっている日本の夏。外出も楽しくなる季節ですが、気をつけたいのが脱水症・熱中症の予防です。呼吸や発汗などで日々水分や塩分が失われているため、こまめな水分補給で脱水症・熱中症を防ぎましょう。今回は、脱水症・熱中症対策にピッタリの水分補給のコツをご紹介します。

続きを読む



お気に入りのマイボトルで、いつでもティータイム

暑い夏には水分補給が欠かせません。喉がかわいたなと思ったときに、近くにお店がなければ困りもの。移動中だと、簡単に飲み物を買うこともできませんよね。その点、マイボトルに好きなドリンクを入れておけば、いつでもどこでも喉のかわきをいやすことができます。マイボトルを活用すればペットボトルなどのゴミの削減にもつながるので、SDGsといった環境保護の観点からも大切です。今回はマイボトルでティータイムを楽しむコツをご紹介します!

続きを読む



1 2 3 4 5 6 7 8 25