お茶発祥の国・中国の茶文化とその歴史。

先日、世界最古の茶葉が発見されたというニュースが発表されました。それまで世界最古として確認されていた茶葉は北宋時代(960年~1127年)のものだったそうですが、今回発見されたものはそれより2100年以上前のもの。漢の景帝(紀元前188年~141年)の墓近くから発見されたそうです。中国はお茶発祥の地であり、世界の茶文化を語る上で欠かせません。今回は、中国の茶文化と歴史のお話をお届けします。

tea-blog

続きを読む



冬の朝に!あつあつ緑茶習慣で、乾燥肌&インフルエンザ対策

緑茶

朝食はパン派よりご飯派の方が健康にいいといいます。理由は、主食はご飯の方が栄養バランスがとりやすいから。どちらに軍配が上がるかは、副菜にもよりますが、ご飯派の方が緑茶を飲む割合が高いのであれば、ご飯派の方が健康面で優位ともいえそうです。実は、朝にお茶を飲むことは、健康や美容にとてもいい習慣なんです。どのように良い効果があるのかまとめてみました。冬の朝に、あったかい一杯のお茶を飲むことは、本当に良い習慣だということが納得できますよ。

続きを読む



西欧とは異なるルーツを持つ国・ロシアの茶文化とその歴史。

mein-tea

ロシアと言えば、お酒。ひとりあたりのアルコール消費量は世界一ではないものの、堂々6位を誇る国です(2015年のOECD発表データ)。「大人は誰でもウォッカを一気飲みしている」なんてイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、一方でロシアは紅茶分野においても特別な存在感を持っている国。他ヨーロッパ諸国とは異なる文化を花開かせているのです。今回は、ロシアの茶文化についてお届けします!

続きを読む



長寿・結婚・開運に。お茶の贈り物は縁起がいいと言われる理由

daifukutyaお中元・お歳暮に限らず、お茶は定番の贈答品といえます。高級感がある。賞味期限が長い。置き場所に困らない。毎日飲むので贈られても困らない。美容や健康にもいい。と、贈りたくなる理由はたくさん挙げられます。さらに、「縁起がいいから」という理由もあるそうで、今回は、お茶の贈り物は縁起がいいとされることについて注目してみましょう。

続きを読む



カフェの国・フランスの茶文化とその歴史。

image2

フランスを代表する飲み物と言えば、カフェ・オ・レやエスプレッソ。月並みですが、パリのオープンテラスカフェで濃いコーヒー(エスプレッソ)を飲む、というのが日本人にとってのフランス人のイメージではないでしょうか。それだけに、フランスとお茶が結びつかない方も多いことでしょう。さてさて、そのイメージは正しいのでしょうか!?今回はフランスの茶文化についてお届けします。

続きを読む



静岡流な緑茶習慣で、健康寿命を延ばそう!

main_20141105

「緑茶は健康にいい」というのは真実です! 日本一のお茶の産地で、日ごろからお茶をよく飲む静岡県民の健康データで実証されています。しかし、単に緑茶を大量に飲めばいいのではありません。飲み方もとても大事なようです。上手に緑茶を飲めば、血管年齢や肌年齢も若くなるとか! お茶を飲むだけで健康になれる、静岡流な緑茶習慣。ぜひ取り入れてみてください。

3年連続!静岡はメタボがもっとも少ない県

メタボとは、メタボリックシンドロームのこと。ご存知の方も多いと思いますが、少し説明すると、内臓に脂肪が蓄積している内臓脂肪型肥満の状態で、高血圧、高脂血症、糖尿病などの病気を引き起こしやすくなる状態です。不健康このうえない状態の割合が、日本の都道府県の中で一番少ないのが静岡県です。2014年に静岡県は「2012年度分の特定健康診査の結果、メタボ該当者率12.82%で全国最少」と発表しました。しかも、3年連続で選ばれています。まさに、健康県! これを裏付ける、もっとすごいデータがあります。

健康寿命も全国1位は静岡

健康寿命という言葉を、最近よく耳にしませんか? 健康寿命とは、健康な状態で日常生活を送れる期間のこと。生涯、健康でいたいというのはみんな願うこと。だから、健康寿命が注目されているんです。その健康寿命が日本一長いのが静岡県です。2010年の健康寿命の調査では、女性は全国1位(75.32歳)、男性は全国2位(71.68歳)でした。静岡県が独自に算出した男女計では全国1位(73.53歳)になったそうです。メタボ該当率が低く、健康寿命が長いのは、緑茶を飲む習慣が功を奏しているようです。

1日5杯の緑茶で、肌年齢がマイナス10歳!?

静岡県は日本一のお茶の産地。普段からお茶をたくさん飲んでいます。ちなみに、緑茶1世帯あたりの年間支出金額及び購入量は、静岡市が全国1位、浜松市が全国2位です(家計調査都道府県庁所在市及び政令指定都市別ランキング・平成23~25年平均より)。とにかく、お茶をよく飲んでいるのですね。先日、あるテレビ番組で、肌と血管が若返る食生活を特集しており、静岡県がクローズアップされていました。お茶の産地で取材し、肌年齢・血管年齢を測ると、緑茶を毎日5杯以上飲む方の9割が、肌・血管年齢ともにマイナス値に。73歳の方の肌年齢が61歳など、10歳近くマイナスの方も多く、びっくりしました。

緑茶習慣は1日5杯以上、分けて飲むことが大事!

静岡県民はお茶をよく飲みます。県内の小中学校には、蛇口をひねるとお茶が出てくる「茶道」があり、いつでもお茶を飲むことができるようになっているそうです。これなら、子どものころから、お茶を飲む習慣が自然につきますね。ここまで積極的なのは、緑茶が単に喉を潤すものではなく、健康に効果があるということを実感されているからでしょう。ところで、緑茶が健康にいいとされる理由をご存知ですか? そう!緑茶にカテキンが含まれているからなんですね。とても有名なこのカテキンには、脂肪吸収を抑え、コレステロール値や血糖値が下がる効果が認められています。さらに、がん予防効果、認知症予防効果もあると考えられています。素晴らしい成分ですね。なお、緑茶にはポリフェノールも多く含まれており(カテキンも一種)、抗酸化作用があり、肌にもいい作用を与えます。ポリフェノールの効き目は2時間程度なので、一日に何度か分けて飲む、静岡スタイルがおすすめです。

(まとめ)

緑茶を1日5杯以上飲む習慣で、健康&アンチエイジングに効果! 朝昼晩と、仕事や家事の合間のリフレッシュタイムなどに取り入れてみてはいかがでしょう?



お茶、野菜、温泉、ジーンズ……日本にはソムリエがいっぱい!

main_20151022_2

もともとソムリエとは、ワインの専門知識をもち、お客様の要望や料理に合わせてワインを選んでくれる給仕人、という意味です。フランスでは国家資格で、信頼性の高い肩書きです。その信頼感にあやかろうと、日本では、さまざまな業界でソムリエが誕生しています。フランス人もびっくりの、日本流ソムリエの世界をのぞいてみましょう。

続きを読む



紅茶の国・イギリスの茶文化と歴史。

main_20151022

私たち日本人にとって「お茶」と言えば日本茶ですが、世界で「お茶」と言えば紅茶のこと。世界の茶の生産量の7割が紅茶だということ、ご存知でしたか?そして、紅茶の国と言えばイギリス。リプトン、ブルックボンド、トワイニング、ウェッジウッド、フォートナム&メイソン、これらは全てイギリスの会社です。今回は、紅茶の国・イギリスの茶文化についてお届けします。

続きを読む



お茶の国?コーヒーの国?アメリカの茶文化と、その歴史。

main_20150925

アメリカの飲み物と言えば、コーラ、コーヒー、ソフトドリンク。どんな分野で統計を取っても常に上位に入るアメリカですが、お茶に関してはその限りではありません。しかし、近年では若者の間でお茶がコーヒーに迫る勢いなのだとか。2007年~2012年の間で16%も茶市場が拡大されているというデータもあるそうです。今回は、お茶のイメージがあまりないアメリカの茶文化をご紹介します。

続きを読む



世界に誇る日本の茶文化と、その歴史。

main_20150903

食事のお供に、食後の余韻にひたる時に、あるいは喉の渇きをうるおすために。私たち日本人にとって、お茶はとても身近な存在です。日本人の誰もが、特別な意識をしなくても日常的にお茶に触れていることでしょう。また一方で、味や香りの追求はもちろん、様々な要素を加え、世界に誇る文化にまで昇華された茶道という芸術も存在します。世界に誇る日本のお茶文化を、皆さんはどれだけご存知でしょうか?今回は、日本のお茶文化と歴史についてお話しします。 続きを読む



1 2 3 4 5 6 7 8