その他参考情報 一覧

いろいろなお茶で楽しむミルクティー

日に日に風の冷たさが増していく季節、いかがお過ごしでしょうか?こんな時期に恋しくなるのがミルクティーです。ふくよかな紅茶の香り、ミルクのコク、疲れを忘れさせてくれる甘さで飲むとほっとするという方も多いと思います。ミルクティーといえばアッサムやウバなどといった紅茶の茶葉を使うのが一般的ですが、それ以外にもいろいろな茶葉を使ったミルクティーがあることをご存知ですか?ミルクティーが大好きという方のために、いつもとはちょっと違う、変わり種のミルクティーをご紹介します。

烏龍茶ミルクティー

紅茶の茶葉と烏龍茶の茶葉は実は同じチャの木から採れたもの。紅茶は茶葉を完全発酵させて作るのに対し、烏龍茶は発酵を途中で止めて作られているという違いがあります。烏龍茶とミルクは意外な組み合わせですが実はとても相性が良く、紅茶のミルクティーとは一味違った香りと味わいを楽しむことができます。

ジャスミンミルクティー

上品で贅沢なジャスミンの香りと濃厚なミルクを合わせたジャスミンミルクティー。ペットボトルの市販商品としてもすでにおなじみです。熱帯地域に生息するジャスミンの花は香りの王様とも言われるほど上品で贅沢な香りです。そのジャスミンの爽やかな香りのおかげで、ミルクティーの中でも比較的さっぱりといただける味です。

麦茶ミルクティー

麦茶にミルク?!と思われるかもしれませんが、濃く淹れた麦茶の香ばしさとミルクのまろやかさは意外な好相性です。作り方はとても簡単で、濃く煮出した麦茶に同量の牛乳を入れ、お好みで砂糖を加えるだけ。自宅でも簡単に作ることができそうですね。ノンカフェインなので子どもから年配の方まで幅広い年代で楽しめると思います。

ハーブミルクティー

リラックスできる、体の不調に効く、というイメージのあるハーブティー。ミルクと合わせることでさらに美味しく健康的にいただくことができます。牛乳にドライハーブをティースプーン1/2ほど入れて火にかけ、少し煮出すだけで簡単にできます。これからの季節、体を温める作用のあるハーブや風邪に効くといわれるハーブを選べば健康管理に役立てることもできそうですね。

インヤンティー

最後にご紹介するのがインヤンティーです。あまり聞き慣れない名前ですが、香港では一般的な飲み物で、実は紅茶とコーヒーを混ぜ合わせたもの。そこに砂糖と無糖練乳を加えたこの甘い飲み物は、カフェオレとミルクティーを合わせたような味です。
インヤンとは鴛鴦(おしどり)のことで、紅茶とコーヒーの絶妙なハーモニーを楽しめるお茶なのだそうです。ミルク感たっぷりの甘い味で疲れたときに体を癒してくれそうですね。

まとめ

いかがでしたか?ご紹介したのはほんの一部ですが、これ以外にもミルクティーにすると美味しいお茶がたくさんあります。お好みでいろいろと試してみてはいかがでしょうか?これからますます肌寒くなりますが、温かくて美味しくてほっとできる、自分好みのミルクティーを見つけてみてくださいね。



知っている人は日本茶ツウ?一度は飲んでみたい日本の珍茶

世界には、見た目も味わいもあっと驚くような珍しいお茶がたくさんありますが、日本茶にも意外と知られていない面白いお茶があります。茶葉や製造方法もさまざま、栄養面も通常の緑茶とは異なり、その味わいも独特です。まるでワインのようなフルーティーなものや爽やかな酸味が感じられるものなど、一度飲むと癖になる!?そんな、知る人ぞ知る、日本の珍茶をご紹介します。

今や幻と呼ばれるお茶も!?日本の珍茶4選

日本の珍茶の多くは、地方に伝わる伝統茶です。昔ながらの伝統的な手法を用いて、今もその味わいが受け継がれています。

碁石茶

高知県大豊町に伝わるお茶です。カビ付けした茶葉を漬物と同じ要領で漬け込み、発酵させてつくります。漬物と同様乳酸菌が豊富で、昔から健康茶として親しまれてきました。歴史は古く、400年以上も前から製造され、江戸時代は土佐藩を代表する特産物の一つでしたが、今や幻のお茶と呼ばれるように。ドライフルーツのような味わいも感じられ、酸味や苦み、旨みなど味わいのバランスは、「まるでワインのよう」と表現されることも。ちなみに、茶葉の形や色が碁石に似ていることから、この名がつけられたそうです。

阿波番茶

徳島県の特産品の一つで、近隣の淡路島などでも飲まれています。通常の緑茶とは異なり、7月下旬以降、完全に成長した一番茶のみを摘み採り使います。釜ゆでしたあと、碁石茶と同じく1か月ほどしっかり乳酸発酵させるので、爽やかな酸味のある味わいが特徴です。

ぼてぼて茶

鳥取県出雲地方に伝わるお茶です。茶葉ではなく、乾燥させたお茶の花を煮出した番茶を茶筅で泡立てたもので、見た目の白い泡が特徴です。もともと、過酷な労働環境で働く製鉄所の作業員たちが、仕事の合間に立ったまま流し込むように食べていた労働食だと言われていて、お茶に煮豆や漬物、ぶぶあられなどを入れて一緒にいただきます。具が泡に落ちる際に「ぼてぼて」と音がすることから、この名がついたと言われています。

バタバタ茶

富山県朝日町に伝わるお茶です。日本では、珍しい中国の伝統茶「黒茶」が使われます。黒茶は、麹菌で数か月以上発酵させたお茶で、プーアール茶などがそれにあたります。この黒茶をぼてぼて茶同様、茶筅で泡立てていただきます。この際に使われる茶筅が、通常のものとは異なり、2本の茶筅が仲良くくっついた通称「夫婦(めおと)茶筅」と呼ばれるもので、家族の月命日や結婚・出産などのお祝い事の際に、ふるまわれるそうです。こちらのお茶も、茶筅で泡立てる際の「バタバタ」という音から名前がついたそうです。

まとめ

いかがでしたか?それぞれのお茶の由来については諸説あるようですが、その中でも代表的なものをご紹介しました。今回ご紹介したもの以外にも、日本にはまだまだたくさんの珍茶があります。例えば同じ茶葉を使っていても、製法や点て方によってまったく異なる味わいが楽しめるので、ぜひ旅行に行かれた際には、ご当地の珍しいお茶を探してみてくださいね。



急須の蓋の穴の役割は?〜美味しいお茶のための正しい穴の位置〜

急須の蓋にちょこんと小さくあいている穴を見たことがありますか?この穴はなぜ存在しているのか疑問に思われたことはないでしょうか。実は重要な役割があるのです。日ごろ何気なく使っている急須ですが、蓋の穴にはお茶をもっとおいしく淹れるヒントが隠されています。
今回は急須の蓋の穴の役割と、お茶を美味しく淹れるための正しい穴の位置についてご紹介します。

急須の蓋にはなぜ穴があいているの?

急須の蓋の穴。その役割とは急須の中に空気を取り込むことです。

1、お茶をスムーズに注ぐことができる

空気が入ることで急須内で対流が起こり、お湯が回転するような動きをします。するとお茶を茶碗に注ぐ際お茶が出やすくなり、スムーズに注ぐことができるのです。
もし穴がなかったとしたら注ぎ口から空気が入ろうとするため、お茶を注ぐ流れが止まります。そのためお茶の出が悪くなります。また、蓋の周りからお湯がこぼれる原因にもなります。

2、味や色、風味にムラのないおいしいお茶になる

急須の中に空気が取り込まれると、茶葉が舞うように動きます。そのことによって茶葉が広がりやすくなり、お茶本来の甘みや香りがしっかりと抽出されます。お湯と茶葉がしっかりと混ざり合い、かき混ぜられて味や色、風味にムラのない美味しいお茶になります。

蓋の穴はどの位置に置くのが正解?

急須の蓋の穴には急須の中に空気を取り込む大切な役割があることがわかりました。しかし、せっかくあいている穴も、位置を間違ってしまうとその役割を果たすことができません。では蓋をする際には穴はどの位置に置けばいいのでしょうか?

注ぎ口と同じ方向に

空気を取り入れ急須内で茶葉を対流させるために一番いい位置は注ぎ口側と言われています。注ぎ口に一番近い場所、ということです。注ぎ口と穴を同じ方向にすると、蓋がぴたっと閉まります。そうすることで蓋の穴から空気がより良く入り、急須内の対流が良く起こります。
絵柄が描かれている急須の場合は、蓋と本体の絵柄を合わせるようにすると注ぎ口と穴が同じ方向になるのでわかりやすいですよ。

まとめ

急須の蓋の穴の役割についてご紹介しました。普段何気なく急須を使っていますが正しい使い方を知るとさらに美味しくお茶をいただくことができます。急須の蓋の穴は注ぎ口側に向けて置く。ぜひやってみてくださいね。

さらに、美味しいお茶を淹れるためには丁寧に作られた新鮮な茶葉が必要であることは言うまでもありません。大井川茶園のお茶は水にも土にも肥料にも徹底的にこだわって作られた茶葉。そして採れたての新鮮さをそのままパックに閉じ込め工場直送販売をしています。
大井川茶園こだわりの美味しいお茶をぜひご賞味ください。



同じ緑茶なのに意外と違う!?日本と中国の緑茶の違い


日本で日常的に飲まれている緑茶は、奈良・平安時代に中国より伝来したと言われています。起源である中国には、5000年の歴史があるとされ、中国・日本双方共に、それぞれ“文化”として発展を遂げてきました。同じお茶の木から採れる茶葉を使った飲み物であるにもかかわらず、かなり異なる“文化”が育まれた「緑茶」。今回は、そんな日本と中国の緑茶の違いをご紹介します。

続きを読む



暑い国のお茶文化

例年以上の猛暑の日々、いかがお過ごしでしょうか?ところで暑いときにはどんなお茶を飲んでいますか?日本では冷たい緑茶や麦茶などが一般的かと思いますが、日本以外の暑い国ではまた違った常識があるようです。暑い国ではどんなお茶が飲まれているのか、いくつかピックアップしてご紹介します。

続きを読む



麦茶が夏の体に嬉しい理由とは?

暑い季節がやってきましたね。この時期よく飲まれるお茶といえば麦茶です。香ばしい香りとすっきりとした味が暑い夏にぴったりですよね。ところで毎年何気なく口にしている麦茶ですが、なぜ「夏に飲む」というイメージがあるのでしょうか?麦茶の特徴と、麦茶が夏によく飲まれる理由をご紹介したいと思います。

続きを読む



夏は、野外でセルフほうじ茶を楽しもう!

近頃、カフェメニューとしてもよく見かけるほうじ茶。もちろん、お茶の味わいそのままを楽しめるものもあれば、ほうじ茶ラテやほうじ茶ソフト、ほうじ茶パフェなど、スイーツにアレンジされているものもあり、密かに人気が高まっています。実は、ほうじ茶人気はそこにとどまらず、自分で焙煎したセルフほうじ茶を楽しむ人も増えているのだとか。丁寧に焙煎するセルフほうじ茶、ぜひみなさんもお試しください。
続きを読む



お茶に浮くホコリ?!「毛茸(もうじ)」とは?

新茶がおいしい季節です。この時期しか味わえない、さわやかな風味は格別ですね。ところで新茶を淹れたとき、水面にホコリのようなものを見かけたことはありませんか?「何だろう?」「ゴミかな?」などと不思議に思われた経験がある方もいると思います。今回はそのホコリの正体、「毛茸(もうじ)」についてご紹介します。

続きを読む



食中毒対策には、緑茶がおすすめ!

気温が上がってくると、心配になる食中毒。特に、雨が続き湿気が多くなる梅雨~夏にかけては、菌が繁殖しやすく1年で最も食中毒に気を付けたい季節です。しっかり手を洗う、まな板をいつも清潔にする、食材はすぐに冷蔵庫に入れるなど対策はさまざまですが、実は緑茶も食中毒予防におすすめです。そこで今回は、これからの季節にぴったりな緑茶を使った食中毒対策をご紹介します。

続きを読む



ティーバッグのお茶をもっとおいしくいただくための5つのコツ

毎日の食事のお供に、ティータイムに、日本茶は私たちの生活に欠かすことができないほど身近なものです。そんな日本茶をもっと手軽に飲みたいと思っている方も多いのではないかと思います。そこで便利なのがティーバッグです。手軽ですぐに飲めるティーバッグの日本茶をもっとおいしく淹れるコツをお伝えします。

続きを読む



1 2 3 4 6