粉末茶はこんなに便利で健康的!秋から冬の健康維持に役立てよう


私たちの周りには様々なお茶があります。ひとくちに同じ茶の木から摘んだ緑茶といっても、茎茶、芽茶、粉茶、粉末茶など種類もいろいろあるのですが、その中の「粉末茶」を飲んだことはありますか?茶葉にお湯を注いで抽出したものを飲む飲み方が一般的かと思いますが、今回は様々なメリットがある「粉末茶」に注目してみたいと思います。

粉末茶とは?

粉末茶とは煎茶を丸ごと粉末状に加工したお茶で、抹茶とは区別されるのが一般的。粉砕機で茶葉を細かく粉砕したもので、とても細かくされているため、お湯に溶かして頂くことができます。

粉末茶と粉茶の違い

「粉茶」とは煎茶の製造過程で粉砕したときに出る「粉」を集めたものです。そのためお湯には溶けません。飲み方は普通の茶葉と同様、急須に粉茶とお湯を注いで抽出されたものを飲みます。ティーバッグなどに入れるお茶として使われることもありますし、お寿司屋さんなどで飲む濃いしっかりとした緑茶はこの粉茶が使われることが多いようです。

粉末茶とインスタントティーの違い

「インスタントティー」は抽出した茶液を濃縮し、乾燥させたものです。つまり、粉末茶のように「茶葉まるごと食べるお茶」ということではなく、抽出したエキスを乾燥させ粉末状にしてあるお茶になります。

このように、「粉茶」「インスタントティー」とは異なる粉末茶。「粉茶」「インスタントティー」はいずれも茶葉のエキスをお湯(または水)で抽出したものを飲みます。それに対して粉末茶は茶葉を細かく粉砕したものになりますので、お湯を注ぐだけでお茶の成分すべてを溶け込ませることができ、お茶をまるごと摂取することができるという違いがあります。

※注)茶葉の粉砕方法によってはお湯に溶けないものもあります。

粉末茶のメリット

お茶を丸ごと摂取できる粉末茶には、その分やっぱりメリットが沢山。体にとっての良さだけでなく、利便性も高いのが何といってもよいところですよね。ここでは、具体的にどんなメリットが粉末茶にあるのか、注目してみたいと思います。

お茶の栄養素をまるごと摂れる

粉末茶は緑茶の健康効果をさらに実感したい方におすすめです。

なぜなら、茶葉にお湯を入れて茶液を抽出する飲み方では、茶葉の成分が30%ほどしか抽出されないと言われているから。せっかく素晴らしい効能があるのにこれはもったいないですよね。お茶そのものを粉末にした粉末茶ならそれらの栄養素を全て摂取することができます。

緑茶の代表的な成分であるカテキン。抗酸化作用、脂肪燃焼効果、虫歯や口臭の予防など様々な健康効果があると言われています。この緑茶の健康成分を損なうことなく、茶葉そのまままるごと頂けるのは嬉しいですね。

お湯に溶かすだけですぐ飲める、後始末もラクチン

お茶を淹れるときは粉末茶とお湯を混ぜるだけなので大変便利です。
緑茶を飲みたい、けれども急須や茶こしなどを準備するのは面倒・・・と感じるとき、さっと取り出して粉末茶にお湯を注ぐだけで飲むことができます。

また、茶葉を抽出してお茶を飲む場合、茶殻の後始末や洗い物も増えますが、粉末茶ならそれも不要。

粉末茶はすぐに飲みたいとき、手間をかけられないときにとても便利です。

<粉末茶の注意事項>
健康的で便利な反面、粉末茶を扱うときには注意しなければならないこともあります。
粉にした茶葉はとてもデリケート。光や暑さ、湿気などに弱く、劣化しやすいのが特徴です。そのためよい状態で保存できるように気を使って頂くのをお勧めします。
とはいっても、気にすることはたったの3つ。他のお茶にも言える事ですが、以下の3つを兼ね備えた場所で保管してくださいね。

・日光に当たらない場所
・湿気が少ない場所
・涼しい場所

それから、密封して保管するのもお忘れなく。

まとめ

これから寒くなる季節を迎えますが、お茶のカテキンパワーで風邪を寄せつけたくない、健康を維持したいという方も多いのではないでしょうか?
お茶の栄養を丸ごと摂ることができる粉末緑茶もおすすめですよ。